幼児英語ってこんなに大事






幼児英語ってこんなに大事

英語が「国際共通語」として重要な役割をはたしていることは、

今や誰もが認めるようになりました。「大脳生理学」という学問が、

1960年代からアメリカを中心に発達し、この分野の研究によれば、

人間の赤ちゃんは、およそ140億個の脳細胞をもって生まれます。

その細胞は成長とともに数が増えていくのではなく、

それぞれの脳細胞から神経の枝がのびて、お互いに手を

のばすようにつながり,複雑にからみあいながらはたらきが

高まってくるのだそうです。

この大脳の配線、つまり脳細胞の絡みあいは、生後まもなくから


急速に進行し、3歳までに60%、6歳までに90%、10歳までには

ほぼ完成することがわかっています。


昔から「三つ子の魂百まで」と、

ことわざでもいわれてきたことが、科学的に実証されてきています。

さまざまな研究によると、人間が母国語以外の言葉を確実に

身につけるにもタイムリミットがあり、

それは10歳くらいといわれています。

しかし、タイムリミットを待つまでもなく、0歳に限りなく近いとき、

つまり早ければ早いほど効果的、かつ確実に学べるということです。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。