幼児英語から学校教育まで






幼児英語から学校教育まで

フォニックス(音声法)とは、単語のつづりと発音の関係を

教える指導法です。

アメリカやイギリスなど、英語を母国語とする国では、

子どもたちに単語のつづりと発音の規則性を念入りに教えます。

この「フォニックス学習」が、入門期における国語教育

(英語教育)の中心になっているのです。

アルファベットは、日本語の「あいうえお」に当たります。

「あいうえお」は50の文字からできていて、たとえば「あ」は、

いつでも「あ」と読み、文字の名前と発音は基本的に同じです。

一方アルファベットは26文字しかありませんが、

文字の名前と発音の仕方が違うことがほとんどです。

くわしくはこちら!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。