幼児が英語学習に優れている理由






幼児が英語学習に優れている理由

セオドール・アンダーソンという学者は、

「物事をひとつのパターンとして丸ごとおぼえてしまう能力」は、

0歳に近ければ近いほど優れている。

それに対し、「理屈でおぼえる能力」は年齢とともに高まり、

10歳を境にしてその能力は逆転するという説をとなえています。

語学(ことば)には、理屈でおぼえるより機械的に

学習していく面が多いため、

10歳以前にはじめるべきだというのが結論です。

さらに、子どもの心理的、社会的な面から考えても、

幼児の時期は英語を学習するのに最適だといえます。


くわしくはこちら!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。