幼児英語の必要性-親の考え方





親自身が幼児英語教育の必要性を知る事が大事です。

0歳から3歳のかわいい子供に

「なんでも伸び伸びと好きにさせたい」

「この歳からではまだ早い」

「親が勝手に無理にさせているみたいでイヤだ」

なんていう親の勝手な考えは、わかります。


でもよく考えてください。

そうやって育てられたあなたは

今、英語を話せますか?

自分と同じように子供が英語を話せなくていいのですか?



「子供が自らすすんで英語を学びたい」

と言って来た時に学ばようと思っているという

親御さん達が多いですが、それではもう遅いのです。


小さな子どもには、何でもそうですが

まず親が線路を引いてあげて、

導いてあげるのが本当の親心ではないでしょうか。

いつのまにか、子供が気が付いたら

英語を話せるようになっていた

なんて親も子供もお互い非常にうれしいことではないでしょうか。


【PR】
歯列矯正.net
藤原紀香目薬
ミリメシ専門情報館
ヘアーカラー自宅
ギネスニュース
キン消しコレクション
パーフルオロオクタンスルホン酸 塩情報
造顔マッサージ方法
セルライト グッズ解消情報

幼児英語ってこんなに大事






幼児英語ってこんなに大事

英語が「国際共通語」として重要な役割をはたしていることは、

今や誰もが認めるようになりました。「大脳生理学」という学問が、

1960年代からアメリカを中心に発達し、この分野の研究によれば、

人間の赤ちゃんは、およそ140億個の脳細胞をもって生まれます。

その細胞は成長とともに数が増えていくのではなく、

それぞれの脳細胞から神経の枝がのびて、お互いに手を

のばすようにつながり,複雑にからみあいながらはたらきが

高まってくるのだそうです。

この大脳の配線、つまり脳細胞の絡みあいは、生後まもなくから


急速に進行し、3歳までに60%、6歳までに90%、10歳までには

ほぼ完成することがわかっています。


昔から「三つ子の魂百まで」と、

ことわざでもいわれてきたことが、科学的に実証されてきています。

さまざまな研究によると、人間が母国語以外の言葉を確実に

身につけるにもタイムリミットがあり、

それは10歳くらいといわれています。

しかし、タイムリミットを待つまでもなく、0歳に限りなく近いとき、

つまり早ければ早いほど効果的、かつ確実に学べるということです。





幼児英語から学校教育まで






幼児英語から学校教育まで

フォニックス(音声法)とは、単語のつづりと発音の関係を

教える指導法です。

アメリカやイギリスなど、英語を母国語とする国では、

子どもたちに単語のつづりと発音の規則性を念入りに教えます。

この「フォニックス学習」が、入門期における国語教育

(英語教育)の中心になっているのです。

アルファベットは、日本語の「あいうえお」に当たります。

「あいうえお」は50の文字からできていて、たとえば「あ」は、

いつでも「あ」と読み、文字の名前と発音は基本的に同じです。

一方アルファベットは26文字しかありませんが、

文字の名前と発音の仕方が違うことがほとんどです。

くわしくはこちら!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




幼児の才能教育






幼児の才能教育

いつごろから英語を始めさせたらよいのか」に対する答えは、

脳の発達のしくみを考えれば、「早いほどいい」と

いうことしがありません。

ひと昔前までは、「小さい頃におぼえた外国語は、

早く身についただけ忘れるのも早い」といわれ、

この説を多くの人が信じて疑いませんでした。

しかし、大脳の分野の研究がこれほどまでに進んだ現在では、

幼児期にインプットされた情報は消え去ることなく、

大脳の言語中枢にしっかり保管されていることがわかっています。

多岐にわたる貴重な研究データも紹介されるようになって、

古い説が死説といえるまでになりました。

くわしくはこちら!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




幼児の英語のLとRの聞き分け






幼児の英語のLとRの聞き分け

生後6〜8か月ではRとLを聞き分けたのは、

日本の赤ちゃんが64.7%、アメリカの赤ちゃんが63.7%と、

日本の赤ちゃんに軍配が上がりました。

ところが生後10〜12か月になると、

日本が59.9%、アメリカが73.8%とその割合は逆転してしまいます。


くわしくはこちら!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




英語学習に優れている幼児の聴覚






英語学習に優れている幼児の聴覚

幼児が「ことばを習う天才」であるのは、

このすべてを先天的に身につけているためだといえます。

幼児の聴覚は、大人には想像できないほど鋭いものです。

特別な訓練や教育がなくても、話しかけられた音を聞き、

ことばが使われる場面を経験するだけで、

5歳くらいまでには母国語の基本を習得してしまいます。

音楽の分野では、年齢とともに絶対音感の習得が

むずかしくなることが知られていますが、

これは外国語教育、特に外国語の音声教育にも当てはまることなのです。



くわしくはこちら!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




幼児が英語学習に優れている理由






幼児が英語学習に優れている理由

セオドール・アンダーソンという学者は、

「物事をひとつのパターンとして丸ごとおぼえてしまう能力」は、

0歳に近ければ近いほど優れている。

それに対し、「理屈でおぼえる能力」は年齢とともに高まり、

10歳を境にしてその能力は逆転するという説をとなえています。

語学(ことば)には、理屈でおぼえるより機械的に

学習していく面が多いため、

10歳以前にはじめるべきだというのが結論です。

さらに、子どもの心理的、社会的な面から考えても、

幼児の時期は英語を学習するのに最適だといえます。


くわしくはこちら!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




外国語を話すための2つの言語回路





外国語を話すための2つの言語回路

外国語をそのままの形(直説法)で学ぶ子どもたちは、

6歳以下であれば頭の中にもうひとつの回路、

第2言語回路が開けるため、

2か国語でも3か国語でも正しい発音で自由にしゃべれるようになる。

たとえば6歳以下の子どもで、家族とは英語、学校ではフランス語、

お手伝いさんとはドイツ語で話す環境にあったとしたら、

それぞれを難なくおぼえてしまう。

幼児には頭の中に、ことばを切り換えるスイッチがあるからだ。

ところが6歳をすぎると、この切り換えスイッチがはたらかなくなり、

聞いた外国語をいちいち翻訳する作業を通さないと(間接法)、

第2外国語を学ぶことができなくなる。

大人の頭がいかに優れていても、ことばに関する能力に限っては、

幼児に遠く及ばない。


くわしくはこちら!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




幼児の英語学習能力






幼児の英語学習能力

世界的に著名なグレン・ドーマン博士によると

普通の子どもは1歳から5歳までの間に一つの言語をほとんどマスターする。

2が国語を使う家庭で育った子どもは、6歳になるまでに両方の言語をおぼえるだろう。

3か国語を使う家庭で育ったら3か国語、4が国語なら4か国語・‥となる。


くわしくはこちら!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。